« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

福島原発事故 放射線を正しく測る(1) 市販サーベイメータの性能比較

放射線レベルの高いホットスポットの存在などにより、市民の不安が高まり、個人や団体が市販のサーベイメータを購入し、自前で測定する動きが盛んであるが、市販サーベイメータの信頼性については、何とも言い難いものがありました。

独立行政法人国民生活センターは、こうした背景により、参考品としての校正された信頼できるサーベイメータの測定値を基準として、市販9種類の放射線サーベイメータの性能比較を行いました。その結果は以下の国民生活センターのホームページ(HP)で公開されています。

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20110908_1.html

主なテスト結果の評価は以下の通りです。

1.      自然放射線の測定試験に関しては、校正された参考品を除く9銘柄は、通常の環境程度以下の自然放射線を正確に測定できなかった。

2.      セシウム137由来のガンマ線測定試験に関しては、参考品を除く9銘柄は、照射線量率と測定値に相関が見られたが、総じて正味値が低く、ばらつきも誤差も大きいため、正確な測定ができなかった。

国民生活センターは消費者へのアドバイスとして以下を記載しています。

1.      今回テストを実施した放射線測定器では、食品・飲料水等が暫定基準値以下かどうかの測定はできないので、こうした目的で購入・使用することは避ける。

2.      環境中の放射線を測定する場合、公表されているデータ等を参考にし、測定器の示す値を直ちに信頼することは避ける。

解説:

 今回のテスト対象銘柄は、国民生活センターのHPによれば、国内で販売されている1万円以上10万円未満で購入できる9銘柄と、校正済みの参考品1銘柄である。インターネット通販の大手である楽天、アマゾン、ヤッホーにおいて、売れ筋、おすすめ等で上位に掲載されていた1万円以上10万円未満の放射線測定器で、測定値を読み取ることができ、繰り返し使用可能なもので、入手が可能であった9銘柄をテスト対象とした、とのことである。ただし9銘柄の内訳を見ると、製造元もしくは販売元はすべて中国である。これらの測定器はガイガーミューラー計数管搭載のGM(ジーエム)カウンターであると思われます。市販品のサーベイメータには、中国製以外にも日本製、米国製、ヨーロッパ製、ロシア製などもあり、それらのすべてが正確な測定ができない、ということではないはずである。校正済みの参考品1銘柄 ((NaI(Tl)(エヌエイアイタリウム)シンチレーションサーベイメータ)) は日本製である。NaI(Tl)シンチレーションサーベイメータとは微量のタリウム(Tl)を含むヨウ化ナトリウム(NaI)の結晶を用いたサーベイメータで、環境レベルの放射線を測定するのに適しています。

 校正されていない測定器を既に購入してしまった方々へのアドバイスは以下の通りです。校正済みと記載されている測定器であっても、上記の信頼できる校正済みの測定器と比較測定することをお勧めします。これから測定器購入を検討されている方は、測定器がセシウム137などで校正されていることを確認した上での購入をお勧めします。多少高価ですが、温度補償型、エネルギー補償型(測定時の温度や測定する放射線のエネルギーが変わっても測定器の測定値に問題がない)のシンチレーションサーベイメータの購入(実売価格が40万円ほど)を、お友達などとお金を出し合って共同購入するか、お住まいの市区町村に購入させることをお勧めします。GMカウンターは宇宙線に対する感度が高いことや、セルフドースといって自己計数が大きいこと、また計数のばらつきが大きいことなどからあまりお勧めできません。

1.      公共機関などから信頼できる校正された放射線サーベイメータを借りる(もしくはお住まいの市区町村に信頼できる校正された放射線サーベイメータの購入を要求する)。

2.      福島県や茨城県北部や各地のホットスポットなど比較的に線量が高い場所や線量の低い場所数か所で、両方の測定器で測定する。その場合、同じ場所でそれぞれ1分間隔くらいで数回測定し、測定値のばらつきを評価し、その平均値を用いる。

3.      線量が低い所から高い所にわたって両者の平均値をグラフ用紙にプロットする。例えばX軸にご自分の測定値の数値、Y軸に校正された測定値の数値をプロットする。校正された測定器の値が正しいので、プロットしたグラフを用いて、自分の測定器の測定値から正しい値を評価する。

4.      以上の測定とは別に福島原発事故の影響のなさそうな場所でのバックグラウンド計数値(バックグラウンド空間線量値)を測定してみる。この数値は測定器自身の持つ計数と、宇宙線及び大地や建造物等からの放射線を計数しています。

5.      上記の測定により、測定器の信頼性も評価できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »