« 再生可能エネルギーの規制が大幅に緩和 | トップページ | 20ミリシーベルト、100ミリシーベルトを改めて考える »

食品中放射能の新しい基準値

政府は、といっても厚生労働省ですが、食品中放射能について、これまでの暫定規制値を改め、新たな基準値を決め、この201241日から適用します。国が定める基準値というものは、すべてに適用する汎用性の高いものでなくてはならないはずですが、今回の新基準は放射性セシウムが中心で、半減期の短い放射性ヨウ素などは除外されています。当面はこれで良いのかもしれませんが、新たな事故が発生した場合には問題があります。

これまでの暫定規制値については私の以下のブログを参考にしてください。

http://hikaru0312.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-03d2.html

新たな基準値の詳細は以下の厚生労働省HPにわかりやすく記載されています。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/iken/dl/120117-1-03-01.pdf

新たな基準値の概要は以下の通りです。

・放射性セシウムについて、これまで年間5ミリシーベルトを許容線量としていたが、新基準では、許容線量を年間1ミリシーベルトとする。

・飲料水、乳児用食品、牛乳、一般食品の4カテゴリーとする。

・新基準値は、飲料水で10ベクレル/kg、乳児用食品で50ベクレル/kg、牛乳で50ベクレル/kg、一般食品で100ベクレル/kgである。

・放射性ストロンチウム、プルトニウム、放射性ルテニウムを含めて基準値を設定し、合計して1ミリシーベルトを超えないようにしている。

・年齢区分別の摂取量と線量換算係数を考慮して限度値を算出し、そのうちの最も厳しい値から基準値を決定しているので、どの年齢の方にとっても適用される基準値である。

・乳児用食品とは、乳児の飲用に供することを目的として販売するものである。粉ミルク、ベビーフード、おやつ、乳児向け飲料など。

・牛乳の区分には、チーズや発酵乳、乳酸菌飲料は含まれない。

・製造食品、加工食品については、原材料だけでなく製造・加工された状態でも一般食品の基準値を満たすことを原則とする。

・乾燥食品については、乾燥状態及び食べる状態(水戻しした状態)それぞれで一般食品の基準値を適用する。

・お茶などは、原材料の状態では基準値の適用対象とはせず、飲む状態で飲料水の基準値を適用する。

・米ぬかや菜種などを原料とする油は、油として一般食品の基準値を適用する。

新たな基準値の適用に際しては、市場に混乱が起きないよう、米、牛肉、大豆については一定の範囲内で経過措置期間を設定する、とのことです。

新たな基準値であれば、当面は食品摂取による内部被ばくは、かなり抑えられると考えられます。ただし今後とも、魚を含めた海産生物の汚染、汚染地での山菜やきのこや淡水生物の汚染などには要注意でしょう。

|

« 再生可能エネルギーの規制が大幅に緩和 | トップページ | 20ミリシーベルト、100ミリシーベルトを改めて考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224066/54335613

この記事へのトラックバック一覧です: 食品中放射能の新しい基準値:

« 再生可能エネルギーの規制が大幅に緩和 | トップページ | 20ミリシーベルト、100ミリシーベルトを改めて考える »